auひかりケーズデンキ《一番確実にもらえるキャッシュバック》

auひかりで一番得する窓口はどこか

auひかりのプロバイダは何を選んだらいいのか多すぎて迷ってしまっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりで契約できるプロバイダはめちゃくちゃたくさんありますが、どのプロバイダと契約したとしても、回線自体はauひかりのものを使っているので変わりません。

光回線は同じといっても、プロバイダ選びを間違えるとキャッシュバック金額が違っていたり、キャンペーンが違っていたりするので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

当サイトでは、過去に光回線の営業マンとしてトップの成績だったこともある私が、auひかりで本当に得するプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

すべての面から総合的に得するプロバイダを選ぶには

プロバイダ業者というのは回線業者と個人をつなぐ役割をしている業者で、プロバイダがなければインターネットというものが成立しないくらい重要なものなのです。

auひかりで契約が可能なプロバイダには次のようなプロバイダがあります。

BIGLOBE、So-net、GMOとくとくb、@nifty、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

本当に顧客のためになるような優秀なサービスを提供しているプロバイダを選ぶコツとしては以下のようなものがあります。

1,もらえるキャッシュの金額と受け取りまでが短いかどうか

2,実際のダウンロードスピード

3,オプションサービスが充実しているかどうか

上記のポイントを詳しく見ていきましょう!

ポイント1 キャッシュバックの総額と申請のしやすさ

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダ各社によってキャッシュバックの総額は1万円以上違っている業者もあります。

キャッシュバックが0円な代わりに月額料金が割引になったりするところもあれば、超高額な現金キャッシュバックをしているところもあります。

どこのプロバイダと契約しても、光回線のauひかり本体自体は変わらないので、基本的な月額料金などに大きな違いはありません。

以上のようなことから、auひかりの契約を検討している人は、高額なキャッシュバックに惹かれないで、確実にもらえるところを選ぶのが肝心です。

ポイント2 回線がどれだけ高速で安定しているか

本当の回線速度がどれくらいでているのかもチェックしましょう。auひかりの最大速度の理論値は1Gbpsですが、これはあくまでも理論値であって、実測値ではありません。

プロバイダの速度が遅かったとしても、光回線なのでめちゃくちゃ遅いなんてことは商売上あり得ないのでご安心ください。

ですが、できる限り高速で安定しているプロバイダを選びたいのは山々ですよね。

ポイント3 セキュリティオプションの充実度

最後に見極めるポイントとしてはセキュリティのオプションが充実しているかどうかですね。

安全性の高い安心して利用できるインターネット環境を実現するためにはハッキングやウイルスの侵入を防止することが大切です。

それぞれのプロバイダのウイルス対策サービスがどれくらいで使えるのか前もって確認してから使うようにしましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

ここからは、具体的にプロバイダ各社を比較していきたいと思います。

auひかりのプロバイダを一覧表にしたのでご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

とくにおすすめの最強のプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBが一番おすすめ!

GMOとくとくBBというプロバイダは東証一部上場のGMOが運営しているプロバイダです。

GMOとくとくBBの一番の利点はやはりそのキャッシュバック総額だと思います。ですが、キャッシュバックの受け取り手順に注意点があります。

キャッシュバック案内メールが11ヶ月後と23ヶ月後に送られてきますが、そのメールに1ヶ月いないに返信しないとキャッシュバックを受け取ることができません。

一番高額のキャッシュバックを手に入れたい人には特におすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBは数あるauひかりのプロバイダの中でもとくに優秀な回線スピードを誇っています。

GMOとくとくBBの回線速度は約500Mpbsくらいとなっています。他社のプロバイダと比較しても圧倒的な回線速度を維持しています。

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のプロバイダはあまりおすすめできませんが、その理由を解説していきたいと思います。

au one net

こちらのプロバイダはKDDIが運営しているプロバイダになります。

auひかりとauoneは、どちらもKDDIが運営しています。

KDDIがどちらも運営しているので、キャッシュバックなどが高そうにも思えますが、全くそんなことはなく1万円しかありません。

なぜキャッシュバックなどが充実していないかというと、ほかの業者にauひかりを広めてほしいというKDDIの意図があるからなんです。

auからのキャンペーンを減らしたりキャッシュバックを減らしたりすることにより、ほかの業者が営業しやすくなるという仕組みなんです。

BIGLOBE

BIGLOBEは電機メーカー系のプロバイダで、かのNECが創業したプロバイダになります。

キャッシュバック金額は最大で5万円くらいとなっています。

ですが、BIGLOBEはセキュリティオプションサービスなどがあまり満足いかないのでおすすめできません。

キャッシュバック金額が6万円以上もあって、そのほかのキャンペーンなども充実しているGMOとくとくBBの方が断然おすすめです。

DTI

こちらのプロバイダは電力系のプロバイダで、東京電力の系列になります。

リモートでサポートしてもらえるというメリットがあります。

こちらのプロバイダはキャッシュバックが3万円以上ありますが、実際に受け取りまでに1年以上もかかるのでおすすめできません。

auひかりに申し込むときのステップ

ここからは一番おすすめのプロバイダからauひかりを申し込む方法を解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

それでは、GMOとくとくBBの契約方法の流れを解説していきたいと思います。

手順1 プロバイダのサイトから申し込み

GMOとくとくBBの公式サイトを開きます。

右上にあるエリア検索をクリックして、次のページを開きます。

手順2 住所や名前を入力する

手続きページを開くと、個人情報を入力する画面に移動します。

手順3 工事の日程を決める

名前や住所などを入力したら送信ボタンをクリックします。

個人情報などの入力が完了すると、1週間以内に、KDDIから工事の予定確認の電話がかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 開通

光回線の自宅への引き込み工事が完了すると、光回線でのインターネット接続ができるようになります。

auひかりのプロバイダの疑問質問

auひかりのプロバイダの具体的な質問一覧です。

質問1 プロバイダだけを乗り換えたい

auひかりはプロバイダのみを解約することができないようになっています。

auひかりはすこし特殊になっていて、プロバイダと回線がセットになっているので、回線自体を解約する必要があります。

どうしてもプロバイダだけを変更したい人は、auひかりの光回線を解約してから、別のプロバイダとセットで契約しましょう。

質問2 auひかりの解約金はいくらか

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

これらの解約金はauひかりの解約金なので、プロバイダはどこでも同じ金額となっています。

質問3 自分の使っているプロバイダを確認する方法

自分の契約しているプロバイダを調べるには、マイページからチェックできます。

マイページに登録していないときは、クレカなどの引き落とし明細にプロバイダ名が記載されていることが多いです。

auひかりを契約するときに一番得する方法を解説

auひかりのキャンペーンはどういう特典があるのか?、どこの窓口が一番得するのか?などなど気になっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの各社プロバイダがやっているキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強クラスにお得であることがわかりました!

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

あらゆる視点から切り取ってみると、GMOとくとくBBが一番お得で、唯一無二のサービスを提供しているといえるでしょう。

auひかり自体もキャンペーンをやっていますが、GMOとくとくBBから契約することにより追加で以下のような特典を適用してもらうことができます。

1,6万円以上もの現金がもらえる

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高級なルルーター端末が無料でもらえる!

auひかりのプロバイダや代理店を比較検証!

auひかりのキャンペーンをやっているプロバイダを比較してみたところ、次の通りGMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックをしています!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

この表から、auひかりを契約するのであれば、申込窓口は「GMOとくとくBB」が一番おすすめだと断言できます。

実際にauひかりを契約するときに受け取ることができるものには、次のようなものがあります。

実際に適用してもらえるキャンペーンには、auひかりが公式にやっているものと、代理店やプロバイダが独自にやっている2パターンが存在しています。

代理店やプロバイダはauひかりによるインターネットを販売している仲介業者になります。

auひかりを契約するときに、どこのプロバイダ経由で契約したとしても、公式のキャンペーンも適用してもらえるので、ダブルでキャンペーンをもらうことができます。

次の項目からは具体的なキャンペーンについて見ていきたいと思います。

auひかりの公式特典について

auひかりは、KDDIが提供しているインターネット回線です。

auユーザーであれば、どこの光回線よりも割引をきかせることができるでしょう。

auひかりの具体的な内容は下記のようになっているので参考にしてください。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式でやっているキャンペーンは大別するといくつかあり、すべて同時並列的に受け取ることが可能です。

公式キャンペーン1 他社からの乗り換えを負担

auひかりでは乗り換えサポートとして、auひかりに乗り換えるときの、他社の解約金などを負担してもらえるキャンペーンを実施しています。

解約金のキャッシュバックをもらうには、申し込みから12ヶ月以内に、乗り換えキャンペーンの申請書をauひかりに送付します。

解約金申請書を受け付けてもらってから1ヶ月くらいで、auPAYへ送金されます。

auPAYというサービスは加盟店でショッピングができるサービスとなっています。

スマホからauPAYを使うのは基本ですが、スマホがなくてもプリペイドカードから支払いを行うこともできます。

このau公式の乗り換えキャンペーンを肩代わりしてもらうためには、条件があるのでチェックしておいてください。

モバイルルーターや固定ネット環境は適用外となっています。

ずっとギガ得プランとひかり電話に両方加入して、3年以上継続すること。

乗り換えキャンペーンを適用してもらうためには、3年間で自動で更新されるずっとギガ得プラントひかり電話への加入が必須となっています。

公式キャンペーン2 工事費が無料になる!

auひかりの初期費用というのは工事費用のことですが、auひかりはインターネット回線とひかり電話を同時並列的に契約することにより工事費用を無料にするキャンペーンを執り行っています。

auひかりの工事費用は、戸建ての場合は約4万円くらいかかりますが、これが無料になるということです。

工事費用というのは月額での分割払いですが、このキャンペーンを実施すると無料になるということです。

auひかりの回線を途中で解約した場合は、残債を自己負担で支払う必要がありますが、このキャンペーンを実施することにより初期にかかる費用が分割された状態で光回線を使えます。

光回線なんてそんなに入れ替えるわけじゃないと思うので、契約期間満了まで使うと思います。満了まで使えば完全に工事費が0円になります。

公式キャンペーン3 auユーザーにはすごいお得!

auひかりはauの携帯を持っている利用者がインターネット回線とひかり電話を使うことにより、auのスマホ1つあたり約1000円くらいが割引になるスマートバリューという制度があります。

auの契約プランに応じて割引金額は変動しますが、家族全員でauスマホを契約している場合は、家族全員分の携帯電話がずっと割引されます。

上記のように、auひかりは競合他社がひしめき合っている光回線業者でもすばらしいキャンペーンを実施しているのでauを使っている人は圧倒的におすすめといえるでしょう!

公式キャンペーン4 10ギガサービスが割り引き

auひかりでは、ずっとギガ得プランに申し込むことにより、5ギガや10ギガなどの高速プランが550円割引されます。

上記のキャンペーンを適用するためには、auひかりのホーム10ギガか5ギガに申し込む必要があります。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

プロバイダや代理店の独自のキャンペーンについて

auひかりのプロバイダや代理店では公式サイトとはまた別にダブルでキャンペーンをやっているので、それだけ得することができるのです。

プロバイダ各社がやっている独自特典は、プロバイダによってかなり開きがあるので、選び方によっては何万円も得したり損したりということがざらにあります。

独自のキャンペーンには、キャッシュバックと、ルーターの端末を無料でプレゼントがあるので、解説しています。

独自キャンペーン1 高額の現金バック

プロバイダなどがやっている多彩なキャンペーンの中で、特に気を引くのが高額の現金バックではないでしょうか。

auひかりを取り扱っているプロバイダや代理店は、公式サイトを圧倒的に上回る高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

一例を挙げると、GMOとくとくBBは戸建ての場合は約6万円、マンションだったら約5万円もの高額のキャッシュバックを実施しています。

独自キャンペーン2 ルーターが無料でもらえる!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

Wi-Fiルーターを無料で提供、もしくはレンタルをしてくれるプロバイダがあります。

「GMOとくとくBB」の場合だったら、何種類もある高機能な高級ルーターの1台を無料でもらえます。

無償でもらえるという点は、解約した後も返却する必要がないので、利便性が高いといえるでしょう。

悪質な代理店などの注意点

プロバイダや代理店を見ていると、10万円くらいのキャッシュバックキャンペーンをやっていたりするところもあります。

ですが、こういったうまい話には裏があるので、要注意です。

悪質な代理店によくあるパターンを解説してきたいと思います。

注意点1 オプションが必須となっている

キャッシュバックの条件にオプションが必要と書いてある場合は注意が必要です。

キャッシュバック金額がいくら高額だったとしても、自分が使わないようなオプションをつけてしまったら元も子もありませんよね。

キャッシュバックを適用してもらうためには絶対条件のオプションの中には毎月3000円くらいかかるものとかもあって、キャッシュバックは受け取ったのはいいものの、オプション代ですぐ上回ってしまったなんてことにもなりかねません。

家電量販店の高額キャンペーンにはこういったパターンが頻繁に見られるので、そもそも家電量販店で契約するのはやめておきましょう。

ちなみに、ひかり電話への加入はスマートバリューを適用してもらうために必要なので、ひかり電話の加入だけがオプションになっていれば一石二鳥ですね。

注意点2 受け取りまで1年以上かかる

プロバイダや代理店などによっては、キャッシュバックのもらい忘れなどを狙っているようなところもあるので注意しましょう。

お客さんの申請し忘れを狙っているパターンというのは、そもそもキャッシュバックの申請ができるのが1年後で、さらにそこから振り込まれるまで1年かかるみたいなところです。

光回線の本契約からキャンペーンの申請まで自動的にあちら側でやってくれるのではなくて、自分から自発的にやらなければならないので、受け取り忘れがどうしても多くなってしまいます。

こういった、お客さんの申請忘れを意図的に狙っているかのような窓口は避けて置いた方が無難でしょう。

注意点3 知り合い紹介が必須だったりする

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

一例としては、自分が回線契約をした後に、誰かしらを契約までこぎつかせなければキャンペーンを受け取れないというようなパターンです。

そもそも光回線とかは一家に一つしか設置できないので、回線を導入していない家庭の人なんて滅多に見つけられないでしょう。

こういうパターンの実現不可能に近い条件があるキャンペーンに申し込んだときは、結局キャッシュバックを1円たりとも受け取れなかったということになりかねません。

上記のようなことから、現実味があるキャンペーンを選ぶようにしましょう。

注意点4 キャッシュバックが高い代わりに基本料金も高い

高額なキャッシュバックが手に入る代わりに、毎月の月額料金が高額になってしまうというパターンもあります。

たとえばですが、工事費の初期費用割引がない代わりに、キャッシュバック金額がたくさん受け取れるというものです。

auの場合は初期費用が無料になっているので、工事費も無料になりますが、窓口によっては工事費の代わりにキャッシュバックを高額にして満足感を与えるような印象操作をしているところもあります。

auひかりを契約する代理店やプロバイダによって毎月の支払額が変わるので、すべてを踏まえて総合的に支払う金額が安くなるかどうかで判断しましょう。

一番特なのはやっぱり「GMOとくとくBB」!

ここからは、当サイト上部で解説してきた、キャッシュバックキャンペーンに優秀なプロバイダをさらに比較して最もお得なところを見つけていきたいと思います。

結果からいってしまうと、auひかりの一番得する窓口は「GMOとくとくBB」です。

最もお得な申し込み窓口を選ぶ基準点としては以下のようなポイントがあります。

オプションなしでキャッシュバックがもらえる、キャッシュバックの総額が大きい、確実に短期間で振り込んでもらえる。

ちなみに、下記の一覧以外にもプロバイダなどはたくさんありますが、キャッシュバック総額が3万円以上もらえるところのみを厳選しています。

なお、auひかりでスマホセット割りをしてもらうためには、光電話への加入が必須になっているので、そういうのも含めて比較しています。

ちなみに、格安携帯を使っているお客さんはauのスマホセット割を使えませんが、光電話はお得なので、加入してもいいと思います。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックキャンペーンの金額が高額な上に、毎月550円かかる光電話が2,3年無料になるのでお得です。

とくにauのスマホを持っている人は、GMOとくとくBBがおすすめです!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは有名なインターネット企業のGMOが運営母体のプロバイダで、auひかりの大量にある申し込み窓口の中でも圧倒的なキャンペーンを実施している選りすぐりのプロバイダとなっています。

GMOとくとくBBなら、最高で6万円ものキャッシュバックがもらえて、さらに1万円くらいの端末まで無償でもらえます。

auのスマホとセットで使える、スマートバリューに必要な、光電話も無料でつけてもらえるので、auひかりがずっとお得になります。

GMOとくとくBBの具体的なキャッシュバックは次のようになっています。

1,GMOとくとくBBを申し込むときに専用アドレスをもらいます。

2,回線契約した時を含む、11ヶ月目と23ヶ月目に専用アドレスにキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,必要なことを入力してから返信すると翌月の末日には振り込んでもらえます。

auひかりのキャンペーンの疑問点

auひかりのキャンペーンについての質問点について解説しています。

1,オプションにもキャンペーンはあるか

auひかりのテレビオプションに、ジャンルパックなどがありますが、2ヶ月間無料で視聴できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルをパックにしたジャンルパックはアニメやスポーツや映画などがあります。

自分が好きなチャンネルだけを登録して毎月約1600円くらいで使うことができるプランとなっております。

また、すべてのチャンネルを閲覧できる、オールジャンルパックと呼ばれるものは毎月約2700円で見ることができます。

2,5ギガプランなどの対象になっているエリア

10ギガや5ギガなどのauひかりの高速通信が可能なプランは、関東4県のみが提供エリアとなっています。

auひかりは他の光回線とは違って独自の回線網を使っているので、すべてのプランで安定的なネットが接続できると思います。

プロバイダを調べ尽くすのは大切

当サイトではここまでに、auひかりの特徴やキャンペーンなどについて徹底解説してきました。

キャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンなどは、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものがあります。

他にも、公式キャンペーンは独自キャンペーンと併用できるので、申し込むときはプロバイダや代理店などから申し込むことによりダブルで特典を適用してもらうことができます。

現在実施されているあらゆるキャンペーンをいろんな切り口で比較してみたところ、GMOとくとくBBが一番お得です。

GMOとくとくBBなら以下のような特典を手に入れられます。

1,最大で約6万円のキャッシュバック!

2,月額550円のひかり電話が2年以上無料になる!

3,高性能のWi-Fiルーター端末が無料でもらえる!

一度にこれだけ大量のキャンペーンが適用してもらえるプロバイダは他にないくらいお得です。

GMOとくとくBBでとくに優れている点としては、6万円ものキャッシュバックと、回線のスピードと安定性ではないでしょうか。

また他にも、公式のキャンペーンとして、以下のようなものも受け取ることができます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,光回線の工事費用が3,4万円が無料!

3,auの携帯を持っている人は1回線で500円から1000円割り引かれる!

以上のように、プロバイダによるキャンペーンと、公式のキャンペーンを併用することにより、ダブルでお得になります!